官浪の文具塾

kannamibun.exblog.jp

有限会社ケイ・エヌ 社長・官浪 伸次の文具塾です。2013年4月から始めました。文房具の楽しさ、素晴らしさをより多くの方々に伝えること、そして体験していただくことを目的としています。

10月22日(土)JR尼崎駅前のホテル「ホップイン」アミングに於いて
「第16回 官浪の文具塾」を開催しました。
今回の参加者は、13名でした。
d0335327_18050078.jpg
午後6時から開始し、まずは私による開会の挨拶、そして
その後「官浪の文具ミニ講座~筆記具編~」を行いました。
筆記具である鉛筆やボールペン、シャープペンの歴史、
どんな時代に、どのような歴史的背景のもとに開発されたのか、
などを15分程度のミニ講座でさせていただきました。
次回は、ボールペンやシャープペンなど、日本人が好む「ノック式」
についてお話できれば、と思っています。
d0335327_18040983.jpg
そして、今回のメインの塾である「祝儀袋の基礎知識」に移りました。
今回は、祝儀用品やレター用品のトップメーカーである「マルアイ」さん
からゲストをお招きし、祝儀の話を分かりやすく解説してもらいました。

マルアイさんでは、金封や封筒などの定番商品に加え、
夏に孫などに渡す「お盆玉」や、賞与袋・月謝袋などのミニチュア版
そして、ユニークなゴム印・・・・アイデア文具も多数発売されています。

d0335327_18043703.jpg
こんなユニークな賞与袋と月謝袋もあり、
ちょっとしたお小遣いや小物入れなど、かわいくて楽しめますね。

祝儀袋の話では、水引の種類や袋の折り方、お札の入れ方
弔事に使う金封の種類、地域によって異なる書き方・・・・
知っているようで、知らないことも多く大変勉強になりました。

文具塾終了後は、恒例となった懇親会。
それぞれのユニークな自己紹介やミニ講演などなど
ビール片手に楽しむことができました。

d0335327_18045131.jpg
そして、メーカーのマルアイさんからは、金封やおぼんだま、
ふくさ、消臭袋などたくさんのお土産を用意していただきました。
今年はこれで終わりです。
次回は来年の初めに、さらにパワーアップした文具塾を
開催したいと思っています。多数のご参加をお待ちしています。



[PR]
# by kannamibungu | 2016-11-28 18:07
7月23日(土)JR尼崎駅前のホテル「ホップイン」アミングに
於いて「第15回 官浪の文具塾」を開催しました。
参加者は文房具大好きの12名でした。
d0335327_16131153.jpg
今回は、「マジックインキ」でお馴染みの寺西化学工業さん
をゲストにお招きし、開催しました。

今年、尼崎市は市制100周年を迎えましたが、
寺西化学工業さんも今年、創業100周年を迎えられました。
d0335327_16153488.jpg
その寺西化学工業さんの「100年の歩み」と魔法のインキと呼ばれた
「マジックインキ」の開発秘話などについて、レクチャーを受けました。

寺西化学工業は、大正5年創業の寺西長一氏によって創業され、
筆記具メーカーとしての記念すべき第一歩を踏み出しました。

何にでも書けて、書いた瞬間にすぐに乾き、水にも流れない
そんな「魔法のインキ」をアメリカ視察した内田洋行の内田憲民氏と
ともに製造開発に乗り出しました。
登録商標は、内田洋行社が取得していますが、内田社長同意のもと、
研究を重ね1953年に日本初となる「?」マークのマジックインキが
誕生しました。
d0335327_16235633.jpg
発売当初はほとんど売れなく、使用方法も分からないことから、
1本1本に使用説明書を付けていた、という苦労話も聞かせて
いただきました。

「マジックインキ」の販売に苦心する中、小学校などの教育機関から
模造紙に文字や絵を描くのに便利な筆記具として注目され、
爆発的な人気商品として成長しました。

この時代は、「ボールペン、セロテープ」に加え、マジックインキが
文房具の三種の神器と呼ばれるようにもなりました。
d0335327_16320565.jpg
寺西化学工業の「マジックインキ」がロングセラー商品として
君臨できるのは、創業者・寺西長一氏が唱えた社是「以和為貴」にあります。

何事にも独断的に推し進めるのではなく、いさかいを起こさずお互いに
理解し合い進めていくことが最も大事をことであるという教えです。

どんなに厳しい時代であっても、社内ではみんなが協力していい商品を
生み出し、卸店や販売店そしてユーザーの方々に喜んでもらえることが
大切という基本理念が生きていると感じました。
d0335327_16382144.jpg
今回の参加者には、100周年の復刻マジック型消しゴムや
100周年付箋紙、メモなど貴重なものがおみやげとして
用意していただきました。

100年の歴史を感じる、素晴らしい文具塾となりました。
また、次回もたくさんの参加をお待ちしています。
次回は10月に開催の予定です。






[PR]
# by kannamibungu | 2016-08-12 16:41
4月23日(土) JR尼崎駅前のホテル「ホップイン」アミングに於いて
「第14回官浪の文具塾」を開催しました。
今回は、弁護士さん2名、大学客員教授、経営コンサルタント、市会議員・・・・
多彩なメンバー15名にご参加いただき、盛大に開催することができました。
d0335327_14174580.jpg
今回も文具メーカーからゲストをお招きしての文具塾となりました。
今回のゲストは、消しゴムのトップメーカーであり、
世界で初となる修正テープ「ケシワード」を開発したシード㈱さんでした。
d0335327_14194974.jpg
シード㈱は、昨年創立100周年を迎えられた老舗メーカーです。
大正4年に大阪市都島区で字消しゴム・ゴム粘土の販売を目的に
シード㈱の前身である「三木康作ゴム製作所」が創業されました。
その後、波瀾万丈の会社経営を経て、シードゴム工業株と改称して、
文房具の消しゴムの専業メーカーとして新たなスタートを切りました。
d0335327_14262584.jpg
大きな転機となったのは、プラスチック消しゴムの開発に取り組んだことです。
昭和31年にシードゴム工業がプラスチック消しゴムの生産を開始しました。
プラスチック消しゴムの消字力が格段に向上し、大きな注目を集める商品と
なりました。今までの消しゴムに比べて、価格は2倍以上したが、
「良い品質の製品は高くても売れる」の信念に基づき、販売に踏み切られました。
d0335327_14313294.jpg
写真上は、プラスチック消しゴムS-10000で、
価格は、なんと10,000円! インパクトありますね~

消しゴムに次いで、世界初となる修正テープ「ケシワード」の紹介。
カセットテープの巻き取り方式をヒントに開発されてそうです。
今では当たり前の修正テープですが、その商品を開発した時は、
みんながあっと驚くアイデア商品でした。
d0335327_14360213.jpg
そんなシード㈱の会社紹介や消しゴム、修正テープの紹介などを
1時間程度の間、尾崎氏に説明していただきました。

d0335327_14364826.jpg
文具だけではなく、壁の汚れやさび取り、水あか汚れ取りなどの
生活用としての消しゴムもたんさん販売されています。

中でも、ゴム印・はんこ汚れ取りは、オフィスの必需品として、
好調に売れ続けています。
d0335327_14360727.jpg
そして、今回の文具おみやげは、シードさんからの
「消す文房具」の詰め合わせでした。これは、役に立ちそうですね。

今回も充実した文具塾になりました。
もちろん、塾終了後の文房具懇親会では、
お酒を飲みながら、文房具の話題やその他の話題で大盛り上がりでした。

次回は、7月23日(土) 午後6時~ 日本初となるマーキングペンである
「魔法のインキ」マジックインキを開発した、寺西化学さんをお招きし、
マジックインキについて、みんなで学びたいと思っています。



[PR]
# by kannamibungu | 2016-05-21 14:44
「第14回 官浪の文具塾」を4月23日(土)に開催することとなりました。
今回は、消しゴムのトップメーカーである「シード」さんに
お越しいただき、「消しゴム」「修正テープ」について
みんなで学びたいと思います。
d0335327_09453911.jpg
消しゴムは、地味な文房具と思われがちですが、
実はかなり奥の深い文房具でもあります。
日本字消工業会という団体があり、シードさんが会長を
務めておられるそうですが、消しゴムの品質管理や有害物質排除
などの目的で活動されている団体です。
この日本字消工業会には、シード、アミン、ヒノデワシ、ヤジマ
ヤマヤス、ラビット、ぺんてるの7社で構成されています。
消し能力の試験というのがあり、そこで割り出された「消字率」で、
80%以上が「消しゴム」と認定されるらしいです。
シードさんの「Radar」はなんと97%でほぼ完璧といえますね。
そんな消しゴムにまつわる話が聞くことができそうです。

また、国内初の「修正テープ」を開発されたのも「シード」さんです。
今回は「消す文房具」についての楽しい塾になります。
多数のご参加をお願いします。

場 所  ホテル「ホップイン」アミング (JR尼崎駅前)
日 時  4月23日(土) 午後6時~7時
      文房具懇親会は午後7時~9時
参加費 5,000円 食事代、フリードリンク代、文具お土産付
    なお、文具塾のみの参加は無料です。
定員  20名

[PR]
# by kannamibungu | 2016-02-26 09:58
1月23日(土) JR尼崎駅前のホテル「ホップイン」アミングに於いて
「第13回 官浪の文具塾」を開催しました。
今回は、FM神戸で紹介されたり、読売新聞に掲載されるなど
盛り上がっていましたが、直前のキャンセル等が入り、
参加者は8名でした。しかし、内容は充実した文具塾とんなりました。
d0335327_09195994.jpg
今回の文具メーカーゲストは、セロテープでお馴染みの「ニチバン」さん。
もともとは、絆創膏や軟膏の製造から始まった会社ですが、
国内で初となる粘着テープである、セロテープ(商標登録)を発売し、
テープのことなら何でもお任せ! という企業に発展してきました。
d0335327_09225875.jpg
まずはニチバンという会社の紹介があり、次に「セロテープ」について
プロジェクターを使用して、わかりやすく説明していただきました。

セロテープの素材はすべて天然素材で作られていて土に還ること、
厚さわずか50ミクロンのテープが4層の構造になっていて、
くっつく力とはがれる力という全く違う力が必要とされるため、
この4層構造で作られることがよいセロテープを作る秘密だ、という
ことを学ばせていただきました。
d0335327_09310042.jpg
そして、その他のニチバン製品である「はんこのり」や「直線美」
「ケアリーブ」などの商品についての紹介もあり、あらためて勉強に
なりました。

文具塾終了後は、恒例の文具懇親会です。
文房具やその他の話題に花が咲き、ユニークな自己紹介も
盛り上がりました。
d0335327_09342983.jpg
今回も、ニチバンさんから素敵な文房具のおみやげを
たんさん戴きました。少しでも多くの人にニチバン製品の良さを
PRしていきたいと思っています。
d0335327_09355692.jpg
次回は、4月23日(土) に開催の予定です。
ご期待ください!

[PR]
# by kannamibungu | 2016-02-26 09:36