官浪の文具塾

kannamibun.exblog.jp

有限会社ケイ・エヌ 社長・官浪 伸次の文具塾です。2013年4月から始めました。文房具の楽しさ、素晴らしさをより多くの方々に伝えること、そして体験していただくことを目的としています。

<   2015年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

7月25日(土)JR尼崎駅前のホテル「ホップイン」アミングに於いて
『第11回 官浪の文具塾』を開催し、12名の方々に参加いただきました。
今回は、スリーエムジャパンのお二人にゲストとしてお越しいただき
3M社の紹介、ポストイットやメンディングテープの誕生秘話を
聞かせてもらいました。
d0335327_17474596.jpg
そして、後半はポストイットを活用したミーティング手法である
ミーティングソリューションをみんなで体験しました。
今回は、時間の都合もあり、「ブレインライティング」という
ミーティング手法を2グループに分かれて実践しました。
ミーティングのテーマは「あったらいいなと思う文房具」です。
各人のアイデアをポストイットに書き、イーゼルパッドに貼りつけます。
30秒ごとに書き、パッドを順々に回していきます。
最後は、みんなでそれらのアイデアが価値があるか?実現可能か?
話し合い、振り分けていくミーティング手法です。
d0335327_17480457.jpg
d0335327_17475726.jpg
アメリカではこのようなミーティングが一般化されているそうですが、
日本ではまだまだ浸透していないので、慣れない我々は、
なかなか即座にアイデアが出てきません。
「ラクガキ」のようなものでもOKらしいです。
文字、数字だけでなく、「絵」を描くということも大切です。
日本の会議は、指示や報告等の一方向が一般的ですが、
この手法を活用したミーティングを行っている企業も増えてきました。
d0335327_17520757.jpg
マスコミを通じてこのようなポストイットを使ったミーティング法の
紹介を見たことはありますが、実際に実践してみてこの手法の必要性を
実感することができました。
これから多くの企業やグループでの活用を期待しています。
今回の文具塾は、実践型のいい内容になりました。
d0335327_17532973.jpg
そして、今回もスリーエムジャパンさんから、素敵な文具おみやげを
いただきました。大切に使わせていただきます。
d0335327_17481719.jpg
第一部の文具塾の終了後、第二部の文房具懇親会が始まり、
3Mに関しての質問や、各自での自己紹介、そして
最後は、コンサルタントの桝田氏によるミニ講演もあり、
盛り上がりました。
ご参加いただいた方々、そしてご協力いただいたスリーエムジャパンさんに
心よりお礼申し上げます。
次回は10月後半です。日程が決まり次第連絡致します。

[PR]
by kannamibungu | 2015-08-21 17:55
25日(土)ホテル「ホップイン」アミングに於いて、「第10回官浪の文具塾」を開催しました。参加者は15名でした。
今回はシヤチハタさんにゲストとしてお越しいただき、シヤチハタという会社の紹介からはじまり、「シヤチハタ」の“ヤ”は何故小文字ではなく、大文字なのか?
もともとは「萬年スタンプ台」の会社だったこと、また一般的に「シヤチハタ印」として定着している「xスタンパー」が誕生するのには「塩」がポイントであったこと……知っているようで知らない話ばかりで、参加メンバーからの質問も相次ぎました。写真(下)は、1925年シヤチハタ創業当時に発売された鯱旗印の「萬年スタンプ台」の復刻版です。
d0335327_17400167.jpg
一般的にシヤチハタというと、ネーム印を思い浮かべる人が多いのですが、欧米では筆記具メーカーとして知られています。欧米向けのカタログを見ると、確かにページをめくると最初に出てくるのが「Artline」などの筆記具で、Xスタンパーはカタログの最後に記載されているのです。
d0335327_17385217.jpg
シヤチハタの名前が一気に広まったのは、昭和45年に開催された日本万国博覧会だったそうです。各パビリオンに置かれたXスタンパーを押して、こんな便利なものがあるのか!と評判を呼び、一気に売り上げが増加したのです。
そんなシヤチハタさんの話を約1時間聞いて、質疑応答もありで大いに盛り上がりました。
d0335327_17391699.jpg
そして、第2部の懇親会が始まり、食事をしながら楽しい文房具談義に花が咲いて、参加者の自己紹介や経営コンサルタントによるミニセミナーなどで、これまた大盛り上がりとなり、閉会となりました。次回は7月25日(土)に開します。
今度はどんな話が聞けるのか、楽しみですね。

下の写真は、シヤチハタさんから提供していただいたおみやげです。
シヤチハタさん、大変お世話になり、ありがとうございました。
d0335327_17390696.jpg


[PR]
by kannamibungu | 2015-08-21 17:44
1月31日(土)ホテル「ホップイン」アミングに於いて、『第9回官浪の文具塾』を開催しました。参加者は12名で、初参加の方は2名でした。
文具塾では、毎回文具メーカーの方にお越しいただき、自社製品の紹介やヒット商品の開発秘話などについて、熱く語っていただいています。
今回は、カッターナイフのトップメーカーである「オルファ」さんにお越しいただき、カッターナイフにまつわるさまざまな話と、実際にカッターナイフを触って、紙などを切るということを、みんなで体験しました。
d0335327_17333937.jpg
折る刃式のカッターナイフは1956年にオルファの初代社長である岡田良男氏が発明されたそうです。その発明のヒントは、ガラスの破片と板チョコレートであることは、よく知られていますね。この「オルファ」の社名の由来は、「折る刃」から取ってつけられたそうです。
カッターナイフといえば、通常は紙などを切る一般的なカッターを想像しますが。実はいろんな種類のカッターがあります。円切りカッターやアートナイフ、デザインナイフ、クラフトのこ型カッター、フックカッター、スクレーパー……
そして、話題の一枚切りカッター「キリヌーク」などなど。
そのそれぞれのカッターナイフの説明をしていただき、サンプルをみんなに回して、実際に切ってもらう体験が主な勉強となりました。
ふつうの文具店には売っていないカッターが多く、一般人は目にすることも手にすることもない商品ばかりで、参加者はみんな興味津々でいろんなカッターの切れ味を体感されたようです。
『折る刃』といわれていますが、実際はあんまり刃を折ることなく使用されている人が大半という事実も驚きでした。やはり、刃折りは“あぶない” “怖い”という概念があるからでしょうね。しかし、職人さんなどは、鋭い刃先での作業が不可欠となるので、頻繁に刃折り作業をされています。
今回の文具塾で分かったことは、職人や技術者、デザイン関係など理工系の人は刃折りを得意とし、逆に事務を中心とした仕事をされている文系の人はあまり刃折りを得意としていないことです。事務作業での紙切り作業は、少し切れが悪くなっても「まあこんなもの」と思ったり、刃を折るのがめんどうと思っている傾向があることは事実です。
私も刃折りは得意としていなかったのですが、新発売の刃折り器「ポキステーション」が登場してからは、刃を折ることが楽しくなりました。
その「ポキステーション」での刃折り作業もみんなで体験。「ウォーこれはいい」という声が聞こえてきました。
d0335327_17342113.jpg
今回は、オルファさんから二つ折りカッターマット、ポキステーション、M刃カッターナイフの3点セットがおみやげとして全員に提供していただきした。
これで、みんな「オルファ」ファンになることは間違いなしです。
オルファさん、本当にありがとうございました。
d0335327_17360619.jpg
そして、塾終了後は、恒例となった「交流会」です。ビールやワインを片手に文具の話題やそれぞれの仕事の話等に花が咲きました。自己紹介後は、中小企業診断士の講演、シンデレラガール誕生秘話の発表があり、最後に経営コンサルタントさんから総括の話をしていただき、盛り上がりの状態でお開きとなりました。
この文具塾は3か月に一回のペースで開催しています。次回は4月25日を予定しています。文房具に興味のある方、参加資格は問いませんのでお気軽にご参加下さい。お待ちしています。


[PR]
by kannamibungu | 2015-08-21 17:36
10月18日(土) JR尼崎駅前のホテル「ホップイン」アミングに於いて、「第8回官浪の文具塾」を開催しました。参加者は14名でした。当初の予定では定員10名のルームでの開催だったので、ギューギュー詰めでダークダックススタイルでの文具塾か?と思われましたが、ホテル側のご厚意で広々としたルナルームに変更していただき無事に行うことができました。
d0335327_17271411.jpg
今回のゲストは、アルバムをはじめ事務用品やシュレッダー等の事務機器メーカーであるナカバヤシさんでした。
どうしてもアルバムのイメージが強く、「新婚さん、いらっしゃい!」の話題で持ちきりでした。
数々ある取扱い商品の中から、今回は「ロジカルノート」と引き切りハサミ「ヒキギリ」を取り上げての文具塾となりました。
ロジカルノートは、高学歴芸人として人気のお笑いコンビ「ロザン」と共同開発した商品です。宇治原氏が京都大学の出身としいことで、京大式ともよばれています。記入のしやすさや読みやすさにこだわったノートで、丈夫な糸綴じ製本です。
主には高校生、大学生向けのノートですが、ビジネスに使うこともできる優れたノートです。
d0335327_17311636.jpg
また、引き切りのハサミ「ヒキギリ」は、長い刃と短い刃がすり合うことによってできる「引き切り」効果により、従来品の1/4の軽い力で切ることができる、こちらも優れもの文房具です。
これらの商品の説明を受け質問も飛び交うなど、熱心にナカバヤシ製品を勉強することができました
d0335327_17284019.jpg
文具塾終了後は、恒例となった文具懇親会を行い、ビールやワインを片手に様々な話題で盛り上がり、コンサルタントの先生2名によるミニ講演会も行い有意義なひとときを過ごすことができました。
次回は1月31日(土) の開催です。詳細はまだ決まっていませんので、決定しだい連絡致します。
文房具に興味のある方、お気軽に参加して下さい。お待ちしています!!

d0335327_17242945.jpg


[PR]
by kannamibungu | 2015-08-21 17:25
7月19日(土) ホテル「ホップイン」アミングのセーヌルームに於いて、「第7回 官浪の文具塾」を参加者10名で開催しました。
今回はゼムクリップや画鋲の国内トップメーカーである㈱ミツヤの塚田社長をお招きしての文房具の他の場所では聞くことができない、貴重なお話を聞くことができました。
東京出張帰りの塚田社長が静岡付近での豪雨により、新幹線遅れのため、先に官浪の最近の文具情報に続き、後半に予定していたコンサルタントの桝田さんによる「環境整備コンサル」の講演をしていただきました。
d0335327_09370425.jpg
そうこうするうちに、塚田社長が到着。早速、講演会の始まりです。
最初は以前にテレビ番組に出演し、ミツヤさんの工場の製造工程が紹介された番組のVTRをみんなで鑑賞した後、パワーポイントでミツヤ製品の紹介です。
現在はクリップや画鋲といった商品は国内生産する企業はほとんどなく、全て東南アジアにて生産されているそうです。
その中で、ミツヤさんは国内生産にこだわりを持ち、東大阪の工場でひとつひとつ丁寧に生産されています。他社の製品とどう違うのか?という観点で説明を受けました。ユーザー目線に立っての製造を心がけられ、わずかなことですが、ひと手間かけることによって、実際に使用する方々がどれだけ安全かつ安心して使うことができるか、という点を勉強させていただきました。
d0335327_09392215.jpg
d0335327_09392982.jpg
写真(上)は、チェス画鋲ですが、右側がミツヤ製で、左側は他社製です。
見てもらえれば分かりますが、右側は中に釘が入っていますね。これだと針が飛び出ることもなく、安全安心ということがわかりますね。
写真(下)は、ゼムクリップです。これは全て左側がミツヤ製です。
書類を挟んで取り除く時に、右側の製品だと紙が破れる可能性があります。
ほんとに小さなことですが、こんなポイントにこだわって製造されていることがわかりますね。
写真下は、当日お土産にもらったミツヤ製品です。すべてしっかりとしたコンセプトで製造された逸品ばかりです。

d0335327_09445292.jpg
今回は、前例のない文具メーカーの社長自らお越しいただき、説明していただくという、貴重な文具塾となりました。参加された方々は、みんな「いい話を聞くことができて、良かった」と口々に話しておられました。みんなきっとクリップや画鋲等はミツヤ製しか使わないと思います。みんなミツヤファンになりました。
ミツヤの塚田社長さん、本当にありがとうございました。そして、参加いただいた方々、ありがとうございました。
次回(8回)は、10月18日(土) 午後5時よりホテルホップインにて開催します。
次回は文具・事務機メーカーであるナカバヤシさんを招いての開催を予定しています。是非、初参加の方もお気軽に参加して下さい。素晴らしい発見があると思います。
d0335327_09465314.jpg


[PR]
by kannamibungu | 2015-08-21 09:47
26日(土) JR尼崎駅前のホテル『ホップイン」アミングに於いて
「第6回官浪の文具塾」を開催しました。
今回の参加者はさまざまな業種の方々13名に参加いただきました。
今回の文具塾は、シュレッダーやラミネーターなどの事務機器メーカー
である「アコ・ブランズ・ジャパン」さんの営業マンを迎えて、
今話題の大量の書類を自動一括細断するシュレッダー「オートフィード」と
250ミクロンのフィルムをラミネートできるラミネーター「フュージョン」
の2機種を実際に操作しながらの説明を受け、いろんな質問が飛び交う中、
充実した勉強会となりました。
d0335327_09283021.jpg

日頃シュレッダーやラミネータを使わない人にとっても
その便利さや事務作業での必要性を、認識いただけたかと思います。


d0335327_09292306.gif
アコ・ブランズさんの商品説明会を終わった後は、
官浪による文具塾です。最近の文具市場の話題や
先日訪問した文具メーカーで愛する自社製品の
熱のこもったプレゼンテーションをしてもらった
社長さんに感動した話・・・・をさせていただきました。
そして、今回の文具おみやげである、キングジムの逆転の発想の
新製品「インデックスノート」の紹介と続き、文具塾は終了となりました。
d0335327_09305104.jpg
文具塾終了後は、恒例となった交流会です。
文具卸店の統括マネージャーによって乾杯の発声をいただき、
しばらくの歓談後、経営コンサルタントによる「ミニ講演会」
は、参加された方々にとって、為になる話でした。
そして、さまざまな業種の方々の自身の紹介やPRタイムとなり、
いろいろな話題で盛り上がりました。
今回初参加の方は3名で、新しい仲間が加わりました。
少しずつ輪を広げていって、文房具の楽しさや素晴らしさを
ひとりでも多くの方々に伝えていきたいと思います。
次回は7月19日(土) ゼムクリップや画鋲の全国市場7割を誇る
文具メーカー「ミツヤ」さんの社長をお迎えして、
プレゼンテーションをしていただく予定です。
参加はどなたでもOKです。文房具に興味のある方、お気軽にご参加下さい。


[PR]
by kannamibungu | 2015-08-21 09:33
2014年1月25日(土)JR尼崎駅前のホテル「ホップイン」アミングに於いて
「第5回 官浪の文具塾」を開催しました。
参加者は9名でした。
d0335327_19274169.jpg
今回は、マックスさんを招いての勉強会で、
軽~く40枚“倍も”とじるコンパクトホッチキス「Vaimo11」
そして、2枚から80枚までひとつの針でとじる「Vaimo80」
中とじ製本ができるホッチキス「HD-10DB」
そして話題の紙針ホッチキス「P-KISS15」
などについての紹介と実際に今までのホッチキスとのとじ比べで
その良さを体験してもらうことができました。
何となく知っていても実際に試した方は少なく、「これは感動!」
といった感想も飛び出しました。
d0335327_19351151.jpg
マックスさんのホッチキス勉強会が終了した後、
尼崎でお茶店を営まれている「山田茶園」さんにお茶の話あれこれや
独自で開発された粉末緑茶の試飲と説明などの「お茶ミニ講演会」に
参加者は聞き入っていました。
d0335327_19331976.jpg
お茶と文房具の絶妙のコラボでの文具塾は終了となり、懇親会に入りました。
恒例の懇親会では、出席者のユニークな自己紹介や
官浪より「苦境に立つ文具業界で生き残る商い」についての
熱い講演もさせていただきました。
価格競争に巻き込まれるのではなく、価格以上の価値を付加した
営業をするべきで、お客様が欲しがるものを単に提供するのではなく、
お客様に喜んでもらえるもの、そしてお客様に“感動”を与える営業を
しなければならない、そんな「価格/価値」の話を簡単にしました。

d0335327_19333100.jpg
そして、たまたまこの日が誕生日であった参加者の植さんに
サプライズで誕生ケーキでのお祝いをし、盛り上がりました。
次回は4月26日(土)を予定しています。



[PR]
by kannamibungu | 2015-08-20 19:45
2013年10月19日(土)JR尼崎のホテル「ホップイン」アミングドナウルーム
にて「第4回官浪の文具塾」を開催しました。
今回の参加者は8名とちょっと寂しかったですが、その分内容の濃い文具塾に
なったと思います。
d0335327_19081784.jpg
午後5時に開始し、塾長の私が開高の挨拶をしたのち、すぐに今回の
勉強会に移りました。
毎回、各メーカーよりゲストを招いて自社製品の優れた文房具の
プレゼンテーションを行ってもらって、その後参加者みんなで質疑応答
による勉強会をしていますが、今回はどのメーカーも都合がつかず、
文具ソムリエである私が、「ボールペンの勉強」にて講演させていただきました。
d0335327_19070880.jpg
ボールペンの歴史に始まり、ボールペンの種類などの説明、そして
ボールペンの仕組みを手書きのイラストを使って解説しました。

ボールペンの持ち方や正しい筆記方法、上向き筆記するとどうなる?
などの話、そして最近登場した上向き筆記ができる「加圧ボールペン」
の謎に迫りました。
トンボ鉛筆と三菱鉛筆から発売の2方式加圧ボールペンの違いの説明、
「消えるボールペン」の秘密で締めくくりました。
d0335327_19071615.jpg
勉強会終了後は、恒例となった文房具の話題での交流会が始まりました。
今、話題の端の折れるテープカッター「TUMAM de HAL」の紹介や
参加者の文具卸社の営業マンから、はさみ変え不要の栞「スワンタッチ」
などの紹介があり、みんなで試しました。

乾杯で始まった交流会では、ユニークな自己紹介や文具知識クイズ大会
などで盛り上がりました。
今回も30分延長して、3時間にわたる文具塾は終了となりました。

文房具は誰でも普段手にする身近なものですが、なかなか奥の深いものです。
文具に興味のあるないにかかわらず、是非一度参加してみて下さい。
楽しい仲間で、楽しい文房具談義に花が咲くことは間違いありません。

次回の文具塾は2014年1月末を予定しています。
たくさんのび参加をお待ちしています。


[PR]
by kannamibungu | 2015-08-20 19:24
2013年8月24日(土)午後5時から、ホテル「ホップイン」にて
「第3回 官浪の文具塾」を開催しました。今回は、常連メンバーに
加えて4名の初参加者が加わり、参加者は12名でした。
d0335327_18332266.jpg
今回のテーマは『三菱鉛筆による大ヒット筆記具のナゾに迫る!」という
ことで、三菱鉛筆さんから2名の営業マンにお越しいただきました。
ヒット商品である芯が尖り続けるシャープペン「クルトガ」、そして
超なめらかボールペン「ジェットストリーム」、クラフトテープやガラス
にきれいに書ける油性ペン「パワフルネーム」の3商品の説明、実際に
書く体験や質疑応答で、1時間程度の筆記具についての勉強会となりました。
d0335327_18333678.jpg
その後、乾杯を行い、飲食をしながら文房具について語る異業種交流会の
始まりです。いろんな業種の方が参加されているので、自己紹介をそれぞれ行い、
文房具に対する情熱等の話題で盛り上がりました。
盛り上がりついでに、官浪による文房具紹介動画「ぶんぐの森」の公開収録
の1本録りを行い、またまた盛り上がりました。
d0335327_18334352.jpg
今回の官浪のおススメ文房具のおみやげは、芯が回転して尖り続ける
シャープペン「クルトガ」でした。このシャーペンは学生では知らない
者がいないほどの人気商品で、筆箱には必ず1~2本入っているという
ほどのヒット筆記具です。
今回は、同業で大手文具販売店の副社長さんにもご参加いただき、
文房具談義に花が咲いたことが嬉しかったです。

次回は10月19日(土)午後5時から ホテル「ホップイン」で開催します。
お気に入りの文房具を片手に、ちょっと変わった異業種交流会に参加
しませんか?たくさんのご参加をお待ちしています。



[PR]
by kannamibungu | 2015-08-20 18:46
2013年6月29日(土)ます尼崎駅前のホテル「ホップイン」に於いて
「第2回官浪の文具塾」を11名の参加によって開催しました。
前回はプレオープンだったので、今回が実際の塾開講1回目です。
今回は、キングジムさんからゲストをお招きし、「デジタル文具の活用法」を
テーマに、実際の商品を触りながら、みんなで楽しく学びました。
d0335327_18141159.jpg
今までに200万冊も売れ続けているという、デジタル文具の
「SHOT NOTE」のアプリを各自のスマホにダウンロードし、
手書きのメモやイラストをピタッとスマホに取り込む体験をしました。
続いて「SHOT DOCS」もダウンロードし、クリアーホルダーの書類などを
取り込むこともできました。その他、デジタル名刺ホルダー「ピットレック」
やデジタルメモ『ポメラ」、タッチパネルクリーナー「コロコロ」、
マウス型スキャナーなどのデジタル文具を、実際に手に取りながら説明を受け
参加メンバーは熱心に説明に耳を傾けられていました。
さまざまなフェアや展示会ではこのような商品を目にすることはありますが、
なかなか直接紹介説明を受けるという機会がないので、今回はとてもよかった、
と参加者には好評でした。
d0335327_19471772.jpg
そして、この文具塾の様子を最初から新製品の「ミーティングレコーダー」で
録画していて、あとでみんなでその様子を確認することができました。
ミーティングレコーダーは、4つのカメラで音声とともに録画できるもので、
大学や会社の会議、組合の集会等に幅広く活用されています。
d0335327_18141867.jpg
キングジムによる文具塾が終了後は、文房具談義などでの異業種交流会
となり、様々な話題に花が咲きました。
懇親会の途中で、官浪による文房具紹介動画「ぶんぐの森」の公開収録も
行い、盛り上がりました。

次回は、8月24日に開催します。
文房具は誰でもが使う身近なものですが、文房具の世界は奥が深いものです。
みんなで一緒に学びませんか?お気軽に参加下さい。お待ちしています。

[PR]
by kannamibungu | 2015-08-20 18:28